Photo People 1話 ep.1 - follow JJ♡

まとめ

Photo People 1話 ep.1

Photo People 1話 ep.1



〈ナレーション〉
PHOTO MISSION そして FASHION
写真を学ぼうという情熱一つで
ここに8人のフォトクルーが集まりました。
たった一枚のベストカットのためならどんな場所でも行く、
ちょっと珍しい人たちの話です。
パリへ発つ7泊8日のフォト旅行。
写真一つで集まった特別な人たちと特別な瞬間たち。
どこでも見られなかったフォトグラファーデビュープロジェクトが始まります。
Photo People in Paris.


〈記者会見ジェジュン部分抜粋〉


MC    :俳優から、今では写真作家としてデビューしたPhoto Peopleのキャプテン、
       シックな外見とは異なり、クルーの朝ご飯まで作ってくれたといいます。
       ニックネームはオンマだったそうです。
       キム・ジェジュンオンマから、ジュンマと呼ばれていた、キム・ジェジュンさん。
ジェジュン :今日はこんなに沢山来てくださって心からありがとうございます。

記者    :キム・ジェジュンさんがすごく久しぶりにバラエティに出られると思いますが、
       何年振りなのか知りたいです。
       またリアルバラエティ形態を含んでいるようですが、そういった点で経験が多くなくてぎこちなくなかったか、所感も気になります。
ジェジュン :8年振りです。
       親しい方々と一緒に撮影をしてみると、そんなにぎこちない感じはなく、
       寧ろ写真についてのプレッシャーはありましたが、バラエティで気楽に、面白くしなければというプレッシャーはあまりなかったと思います。

記者    :Photo Peopleでキャプテンを務められましたが、キャプテンとして特別にどんなことをしましたか?
ジェジュン :キャプテンという単語がすごくプレッシャーで、
       本当に想像もしてなかった単語がでてきてびっくりしました。
セホ    :リーダーシップがあって。
MC    :どんな部分で?
セホ    :個人的に朝ご飯を準備してくれる姿に。
       ジェジュンさんがいつもキッチンに行って卵を使った料理とかを準備してくれるとき、
       この子は本当に人間的に良い人なんだなと感じました。
MC    :最も記憶に残る朝ご飯は?
ソナ    :オッパがフランス式の料理をしてくれようとしましたが、
       私達が韓国料理を食べたいと言ったので
       明け方に起きてキムチチゲを作ってくれたのですが、すごく美味しかったです。
MC    :ジェジュンさんは普段から家でも一人ご飯を楽しむようですね?
ジェジュン :はい、料理をするのが個人的に好きで。
MC    :料理歴は?
ジェジュン :小学校2、3年のときからしてたから…。

MC    :ジェジュンさんが撮った写真がVOGUE KOREAに掲載されたという知らせが入っていますが。
ジェジュン :すごく感激でした。
       周りの専門フォトグラファーの方々から連絡が沢山来ました。
       俺もまだデビューしてないのに、お前が先にしたんだなあっていう、
       そういう連絡が沢山来て、申し訳なかったですが、
       だからより一層ありがたい機会だったと思います。
       (出来上がったものを)実際に見ると、本当に僕が撮ったものなの?と思うほど、自分で信じられない写真でした。

MC    :フランスパリで写真作家として活動しました。
       生活、人生にどんな変化がありましたか?
ジェジュン :完全に違う世界だったと思います。
       撮る人の立場ではこんな気持ちなんだなと初めて感じた良い機会でしたし、
       ただ沢山撮ってこんな写真を残さなきゃ、という気持ちではなく、
       その人たちとのコミュニケーションや自分の感性もすごく大事だということを、
       写真を撮りながらすごくたくさんのことを感じて、
       記者の方々が写真を撮ってくださるとき、時間の余裕を持って、モデルとして前に立たないといけないなと感じた機会でした。




◆リンクしていただくのはOKですが、コピペやキャプチャでの転載・引用はご遠慮お願いします◆

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうげ

Author:まいうげ
JJ fan♡
記事や映像を訳しています。
過去に訳したものは
順次こちらに移動中です。
好きなものを好きなだけ

Thank you♡

Sponsered