練習生時代のお話6 - follow JJ♡

まとめ

練習生時代のお話6

06.

先週に引き続きまたひとつ上げます。

私はデビュー前からジェジュンのファンでした。

前回上げた文章に対するみなさんの反応がすごくてだんだん書き込むのが怖くなってきますが、それでもデビュー前のジェジュンの姿が気になるという方が多いので上げてみます。

ジェジュンのデビューが確定して今の5人のメンバーたちが練習をしていたころのお話です。
あの時はもう芸能人とほぼ変わりありませんでした。
練習生の時期でも人気があるSM練習生達ですが、本格的な歌手デビューが目前に迫っている確実な練習生ですからファンが増えていきました。
ジェジュンもどんどん人気になっていきました。

例のごとく友達と二人で遊んで、ジェジュンの顔でも見なきゃ…と練習場所へ行きました。
するとその日に限ってジェジュンのファンがとても多かったんです。

うわー人が多い。と思って少し後ろの方でジェジュンを待っていたのですが、だんだん妙な気分になってくるのです。

いつもこの場所で一人ジェジュンを待っていて、無理矢理連れてきた友達からは睨まれながら立っていた場所だったのに、今やジェジュンはたくさんの人々に知られて、私も一人じゃなくなったんだな…と思いました。

育てた息子を婿に送るような気分だと言いましょうか…?
そんな浅はかな考えもありました。

ジェジュンを好きな人がもっとたくさん増えることをいつも願っていたのに、いざ願いが叶うと気分が良いだけではなかったのです。
多分当時は私が幼かったからだと思います^^;

暫くして、周りが騒がしくなったので顔をあげてみると、ジェジュンがたくさんのファンに囲まれていたんですよ。
愛想よく近づいてきた若い子達に可愛らしく“オッパ”と呼ばれ、照れくさそうでどうしていいか分からないジェジュンの姿を暫く見つめていました。

戸惑っていたジェジュンが後に可愛らしく笑ってみせながら、周りのファン達がくれるプレゼントや手紙を受け取る瞬間、自分自身がとても恥ずかしくなりました。

そしてどうしてもジェジュンに近づくことができず遠くからその姿を見つめていました。
鼻の奥がじいんとしました。

私の利己心でジェジュンのファンが私一人だったらいいのにと思ってしまった心がとても恥ずかしくなったと言うか…。
あんなに幸せそうにジェジュンが笑っているのに…

おそらくそのときから、教会にも寺にも通わない私が、夜のたびに祈るようになりました。

神様、ジェジュンを幸せにして下さい。

今はとても多くの方から愛されているジェジュンを見て、私もとても幸せです^^
ジェジュンもとても幸せでしょう。

面白い話を思い出せなくて…;;笑
いろいろ事件はあったのですがあまりに昔のことなのでなかなか思い出せません。
今もとある事件をひとつ思い出したのですが、もう少し記憶が鮮明になったら書き込みますね^^


JJギャラリーより

◆リンクしていただくのはOKですが、コピペやキャプチャでの転載・引用はご遠慮お願いします◆

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうげ

Author:まいうげ
JJ fan♡
記事や映像を訳しています。
過去に訳したものは
順次こちらに移動中です。
好きなものを好きなだけ

Thank you♡

Sponsered