練習生時代のお話8 - follow JJ♡

まとめ

練習生時代のお話8

08.

SM練習練習生達は歌手に劣らず人気だったため、彼らの周りにはファン達がたくさん。
みんな今後を考えてなのか、本当にありがたいからか、ファンにとても良くしてくれます。

し.か.し.
ジェジュンは私が恥ずかしそうに近づいて
"ジェジュン君"と呼んでもちらりと見て
1秒、2秒、3秒、
そしてぷいっ-
強烈な目つきにびびる私。

そっと近付いてプレゼントを差し出すと、
再びじっと見つめ
1秒、2秒、3秒、
ありがとうございます。そしてぷいっ-
とろけるような声に私はその場で硬直。

笑っている姿を目の前で見たい!というわがままな気持ちで近づき、
“ジェジュン君、笑ってみて”
1秒、2秒、3秒
ニヤリ、そしてぷいっ-

私は甘いものが好きです。
それでジェジュンに甘い食べ物中心にプレゼントしていました。
ケーキ、アイスクリーム、キャンディ、チョコレートなど…

そのときはジェジュンについての情報を知ることができるはずもなく、ただ自分が好きなものは他の人もみんな好きだろうという甘い考えをしていました。

ある日宿舎の横を通り過ぎたのでジェジュンの顔を一度見て行こうと思い、ひたすら練習に出て来るのを待っていました。
何時間も身動きせずに待っていたのですが…暑くて汗がだらだら流れてくるのです…;;
へばって倒れそうになる寸前で、漸く1人、2人と出てきたので、首をつきだして必死にジェジュンを探しました。

近づいてジェジュンに挨拶をし、何も準備してきてなくてごめんねと言ったのですが…。
突然、ジェジュンがすっと手を差し出し渡してくれたものはDigetでした。※1

“僕は甘いものがあまり好きじゃないけどヌナは好きみたいですね。笑”

暑くてたまらない天気でしたが、ジェジュンは機嫌が良かったのか、そうやって笑いながらDigetをくれたのです。
甘いものが嫌いなことも知らずに持って行っていたのに。
それを無理に受け取っていたジェジュンを思うと本当に申し訳なくも感動ㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠㅠ

時には酷い!と思うほどクールなジェジュンですがこうして気にかけてくれる優しい心にぐっと来ました。
今も昔もファン思いなのは同じでしょう?

やはり固まってしまった私を置いて歩いて行ってしまったジェジュンでした。
いつものように鼻歌を歌いながら。

Digetは今も大事に保管してあります。
ガラス箱に入れて置いてあるんです^^;;;;;;


JJギャラリーより


補足
※1
ダイジェ(お菓子)
Diget_1
Diget_2

◆リンクしていただくのはOKですが、コピペやキャプチャでの転載・引用はご遠慮お願いします◆

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうげ

Author:まいうげ
JJ fan♡
記事や映像を訳しています。
過去に訳したものは
順次こちらに移動中です。
好きなものを好きなだけ

Thank you♡

Sponsered