練習生時代のお話10 - follow JJ♡

まとめ

練習生時代のお話10

10.

今日は私がジェジュンと同じくらい可愛がっているユチョンとジェジュンとの話をします。
引用符中の言葉はジェジュンが言った言葉一字一句正しいとは限りません;;
(時間が経つほどに助詞や修飾語が少し変わっているかも…大体の意味は同じです。)

東方神起のメンバーが決定して、5人で練習に通い、遊びに行ったりしていた時期のお話です。
(勿論チームの名前が東方神起だということは知りませんでした;;;)

ジェジュンは自分自身をどう着飾ればいいのか良く分かっている子でした。
服のセンスも最高でしょう。
そんなジェジュンのよく行く店は現代百貨店、ロッテ百貨店、新世界百貨店…





……ではなく!
まさに東.大.門です。

ジェジュンのセンスにかかれば東大門の服もたちまちブランド品へ生まれ変わりました。

デビューを目前に控えて練習量が半端でなかった時期だったので、夜になるとレッスン室に夜食を届けたりしていました。
その日も夜の練習が始まるころにレッスン室の前に到着しました。

トレーナーに電話をかけ、何人いて、どんなものがいいのか相談していたのですが、まだジェジュンが来ていないというのです。
ユチョンも来ていなくて、二人で遊びに行ったようだと…
練習時間に遅れたら叱ると仰っていました;^^

レッスンの始まる20分前?になっても姿を見せない二人。
何かあったのかな…と心配していたのですが、そうこうしているうちに細い二人の少年が歩いてきたのです。

ユチョンは手にいっぱいショッピングバッグを持って、ジェジュンはたったの1つ^^;;;;;

本当に2人は遊びに行っていたようで、ジェジュンはスタイルに気合を入れていたことがすぐに分かりました。
一方ユチョンはジャージ。

どこに行ってきたのか聞いてみると、
にこにこ笑うんです。

ユチョンがおしゃれな服を着ないから自分がコーディネイトしようと行ってきたと…
そしてユチョンが持ったショッピングバッグに視線を移しました。

感心して“ジェジュンが買ってあげたの?”と聞くと….

きっぱりと“違いますよ~”ですって^^;

自分が服までコーディネイトしてあげたのにお金まで出せないと…HAHAHA
そして、自分の持っているショッピングバッグを差し出し、

“これはユチョンが買ってくれたやつ!”

と満足そうに笑いました。
恨めしそうに見ているユチョンに向かって…

“やっぱり東大門が最高だろ?”

荷物をいっぱい持っているユチョンを引っ張ってレッスン室に入って行きました。
この二人、とても可愛いでしょう?^^


JJギャラリーより

◆リンクしていただくのはOKですが、コピペやキャプチャでの転載・引用はご遠慮お願いします◆

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうげ

Author:まいうげ
JJ fan♡
記事や映像を訳しています。
過去に訳したものは
順次こちらに移動中です。
好きなものを好きなだけ

Thank you♡

Sponsered