【10asia】‘快男’ キム・ジェジュンが明かした “僕が良い男である3つの理由” - follow JJ♡

まとめ

【10asia】‘快男’ キム・ジェジュンが明かした “僕が良い男である3つの理由”

‘쾌남’ 김재중이 밝힌 “내가 괜찮은 남자인 세 가지 이유”(인터뷰)
‘快男(さっぱりしている男)’ キム・ジェジュンが明かした “僕が良い男である3つの理由”(インタビュー)



170731_tenasia_1
김재중이 쾌남이라는 것을 왜 이제야 알았을까
キム・ジェジュンが快男だということをなぜ今頃分かったんだろうか



나이로만 치면 아직 이십대이지만, 김재중의 표정은 데뷔 이후 훌쩍 흘러버린 10년이라는 긴 세월 같은 길을 걸어온 자의 여유가 넘쳐흐른다.
歳だけ見るとまだ20代だが、キム・ジェジュンの表情はデビュー以降あっという間に流れてしまった10年という長い歳月のような道を歩んできた者の余裕が満ちている。

어떤 짓궂은 질문에도 능청스러운 유머로 대꾸한다.
どんな意地の悪い質問にも上手くユーモアでかわし、答える。

인터뷰 도중 자신의 유머가 먹히자 버라이어티도 자신 있고 로맨틱 코미디도 꼭 한 번 해보고 싶다고 말하는 그는 이제 막 26부작 MBC 드라마 ‘트라이앵글’을 마친 터였다.
インタビュー途中、自身のユーモアがウケると、バラエティにも自身があり、ラブコメディも必ず一度やってみたいという彼は、26部作のMBCドラマ‘トライアングル’を終えたばかりだった。

극 중 삼류 양아치에서 가족사의 비극을 딛고 일어나 카지노 대표로 성장하게 된 허영달을 연기한 김재중에게서 부정할 수 없는 자신감이 느껴진다.
劇中三流チンピラから家族の悲劇を経て立ち上がり、カジノの代表へ成長するホ・ヨンダルを演じたキム・ジェジュンからは否定できない自信が感じられた。


전에 없던 연기력 칭찬을 들었으며, 현장에서 주연으로서의 책임감을 다 했다는 뿌듯함을 느끼고 있었다.
今回の作品で演技力を褒められ、現場で主演としての責任を果たしたという満足感を感じていた。

고단했으나 과정은 행복했고 결과물도 좋았기에 더 없이 좋아 보이는 ‘쾌남’ 김재중과의 즐거웠던 대화를 공개한다.
疲れていたが、過程は幸せで、結果も良かったので、この上なく満足そうに見える‘快い男(さっぱりしている男)’キム・ジェジュンとの楽しかったインタビューを公開する。



170731_tenasia_2
김재중은 ‘트라이앵글’의 허양달이 자신과 꽤 많이 닮아있다고 했다. 그 이유를 들어보자
キム・ジェジュンは‘トライアングル’のホ・ヨンダルが自身とかなり似ていると言う。その理由を聞いてみよう



Q. 바로 어제(29일)까지 촬영을 진행했는데, 제일 마지막 신은 무엇이었나요.
Q. 昨日(29日)まで撮影が行われていましたが、一番最後のシーンは何でしたか?


김재중 : 카지노 신요.
キム・ジェジュン : カジノのシーンです。


Q. 그럼 마지막 장면은 언제 찍은 건가요? 내레이션이 깔린 대망의 엔딩 신이었잖아요.
Q. では最後のシーンはいつ撮ったんですか?ナレーションが入った待望のエンディングシーンだったじゃないですか。


김재중 : 지난 토요일(26일)에 찍었어요. 생방송 스케줄 와중에도 강원도에 가서 찍고 왔죠. 엔딩이라는 것은 알았지만 어떤 상황이 될지는 모르고 찍었어요. 대본이 안 나온 상태에서 일단 가서 찍었죠. 내레이션은 29일 오후 5시에 나왔어요. ‘사랑을 해보세요’라는 내용인 것을 미리 알았더라면 영상을 찍을 때 미소라도 더 머금을 걸 하는 아쉬움은 있었죠. 또 어쩌면 모르고 하는 것이 다 나았을 수 있다는 생각도 하고요.
キム・ジェジュン : 先週の土曜日…(26日)に撮りました。ほぼ生放送のスケジュールの中、江原道に行って撮ってきたんです。エンディングというのは分かっていましたが、どんか状況になるかは分からず撮りました。台本が出てきていない状態でとりあえず行って撮ったんですよ。ナレーションは29日の午後5時に出てきました。‘愛してみてください’という内容だということを予め分かっていたら映像を撮るとき微笑めば良かったという惜しさもありました。また、もしかしたら知らずに撮って良かったのかもとも思います。


Q. 극중 정희(백진희)에게 마지막으로 한 대사, 조금 오글거리지 않았나요, 하하.
Q. 劇中ジョンヒ(ペク・ジニ)に最後に言った台詞、少しぞわっとしませんでしたか、ハハ。


김재중 : 멜로가 중간 중간 잘 살았다면 대사도 잘 살았을 텐데 멜로가 워낙 부족해서. 하지만 드라마 상에서 안 나왔을 뿐이지, 늘 그 생각(멜로)을 갖고 연기했기 때문에 스스로는 납득할 수 있었어요.
キム・ジェジュン : メロが途中途中に上手く生きていたら台詞も上手く生きていたはずなのに、メロが何しろ足りなくて。でもドラマ上で出てこなかっただけで、いつもそういう考え(メロ)を持って演技していたので、自分としては納得できました。


Q. 드라마 첫 주연작인데, 꽤 성공적인 성과를 거뒀다는 평을 얻고 있어요. 스스로는 어떻게 느끼나요.
Q. ドラマ初主演ですが、かなりの成功という成果を収めたという評価を得ています。自分ではどう感じますか。


김재중 : 숙제를 많이 남겨둔 작품인 것 같아요. 주연배우로 연기할 때 시야가 달라진 것 같아요. 더 넓어진 만큼, 좋은 것도 있지만 압박과 책임감도 많아졌어요. 한 번 촬영에 들어가면 100시간 중 3시간 자는 빡빡한 일정 속에서 촬영을 하다 보니 당연히 몸은 힘들었죠. 하지만 주연배우로서 촬영장 분위기를 즐겁게 이끌어나가야 한다고 생각했어요. 할 때 울상 지으면서 하면 남는 것이 없잖아요. 고생하더라도 다 끝날 때 웃으며 이야기하길 바랐어요. 결과는 그리 중요하지 않았어요. 최선을 다하는 것, 그리고 웃으며 이야기하는 것 자체가 좋은 추억이 되니까요.
キム・ジェジュン : 課題がたくさん残った作品だと思います。主演俳優として演技するとき、視野が変わったみたいです。より広くなっただけ、良いこともありますが、プレッシャーと責任感も大きくなりました。一度撮影に入ると、100時間のうち3時間しか寝られないタイとスケジュールの中で撮影をするので、当然身体はきつかったです。でも主演俳優として撮影現場の雰囲気を楽しく率いていかないといけないと思いました。辛そうな顔でしたら、残るものがないじゃないですか。苦労したとしても終わったときに笑って話せることを望みました。結果はそんなに重要ではありませんでした。最善をつくすこと、そして笑って話せること自体が良い思い出になりますから。


Q. 연기적인 면에서는 본인도 성장을 느꼈나요? 캐릭터 표현에서 더 여유가 생겼다거나.
Q. 演技的な面では自分でも成長を感じましたか? キャラクター表現で余裕ができたとか。


김재중 : 이번 작품이 가장 분석하지 않고 연기한 것이에요. 현장에서는 유철용 PD님이라는 선장님이 계셨고, 감독님이 이끌어내려는 것에 많이 맡긴 편이었죠. 하지만 나중에는 워낙 생방 스케줄로 가다보니 분석할 시간 자체가 없기도 했어요. 초반에 감독님이 잡아주신 것에 의지하다 나중에는 감독님도 디렉션을 안주셨어요. ‘네가 생각하는 것이 맞아’ 그러셨죠. 그때부터는 또 자연스럽게 현장에 몸을 맡기며 연기했죠.
キム・ジェジュン : 今回の作品が最も分析せずに演技したんです。現場でユ・チョリョンPD(監督)という船長がいらっしゃって、監督が引っ張っていくのに任せた方です。でもかなりギリギリの生放送スケジュールになると分析する時間自体がなかったりしました。序盤に監督が導いてくださるのに頼っていましたが、後には監督もディレクションをなさいませんでした。‘お前が考えているので合ってる’そうおっしゃいました。その時からは自由に現場に身を任せて演技しました。

Q. 혹시 사이사이 시청자 반응이나 기사들도 모니터 했나요?
Q. もしかして、合間合間に視聴者の反応や記事も確認しましたか?


김재중 : 그럼요. 기억에 남는 반응 중 하나가 첫 회에서 노출신에 대한 것이었어요. 사실 전 이 드라마에는 임시완이 연기하는 양하라는 비주얼로 멋진 캐릭터가 있고, 영달이라는 인물은 덜 꾸미고 옷도 대충 입는 것이 맞는다고 생각했어요. 초반에는 싸움을 못하는 건달이니까 당연히 복근이나 근육도 없어야 한다고 생각했죠. 아주 뚱뚱하거나 아니면 아주 마르거나, 보통 건달은 둘 중 하나라고 봤어요. 그런데 마침 ‘닥터이방인’의 이종석 씨가 탄탄한 복근을 공개했고, 댓글에는 ‘이종석처럼 왕자 복근 안 만들 거면 벗지마라’는 게 있더군요. ‘우이씨, 나도 만들 수 있어, 노력을 안 한 것이 아니라 캐릭터와 매치한 거라고!’(일동 웃음) 하지만 다음에 벗을 때는 몸을 만들어서 벗겠습니다.(다시 일동 웃음)
キム・ジェジュン : もちろん。記憶に残る反応のうちの一つが、初回での露出シーンについてのものでした。実は僕はこのドラマでイム・シワンが演じるヤンハというビジュアルが格好良いキャラクターがいて、ヨンダルという人物はあまり飾らず服も適当に着るのが合っていると考えました。序盤では喧嘩もできないゴロツキなので、当然腹筋や筋肉もなくさないと、と思ったんです。すごく太っているか、でなければすごく痩せているか、普通ゴロツキは2つのうちどちらかだと思っていました。でもちょうど‘ドクター異邦人’のイ・ジョンソクさんががっちりした腹筋を公開して、コメントには‘イ・ジョンソクみたいに王の字腹筋がないのなら脱ぐな’っていうのがあったんです。‘えー、僕も腹筋作れるのに、努力しないんじゃなくてキャラクターに合わせたんだってば!’(一同笑) でも次脱ぐときは身体を作ってから脱ぎます。(再度一同笑)


Q. 참, 김재중 씨는 허영달과 닮은 점이 많다고 말씀하셨죠. 어디가 그렇게 닮았나요.
Q. そうだ、キム・ジェジュンさんはホ・ヨンダルと似ている点が多いと仰ったでしょう。どこがそんなに似ているんですか。


김재중 : 후반에 장동철로 변하고 나서는 비슷한 구석이 없었지만, 영달의 자연스러움이 닮아있다 여겼어요. 일상에서 하는 행동들이 비슷해 친근했죠. 그런데 보통 양아치라면 욕도 쓰면서 이야기하는데, 드라마다보니까 그런 것을 못해서 아쉬웠어요.
キム・ジェジュン : 後半にチャン・ドンチョルに変わってからは似ている部分がなかったですが、ヨンダルの自然さが似てると思いました。日常での行動が似ていて親しみやすかったです。でも普通チンピラなら、汚い言葉も使いながら話すのに、ドラマなのでそういうのができなくて残念でした。


Q. 그렇다면 다음엔 영화 속에서 진한 양아치 연기 한 번?
Q. それでは次は映画の中できついチンピラの演技を一度やってみては?


김재중 : 오오! 정말요! 하고 싶어요. 이번에 영달 역을 맡고 영화 ‘사생결단’을 참고로 봤는데, 와 정말 말끝마다 욕이 등장하더라고요. 드라마에선 절대 할 수 없는 건데, 영화에서 꼭 그런 캐릭터를 해보고 싶어요.
キム・ジェジュン :おお! 本当ですか! したいです。今回ヨンダル役を引き受けて、映画 ‘死生決断(Bloody Tie)’を参考に観たのですが、本当に語尾毎に悪口が登場してたんです。ドラマでは絶対にできないことですが、映画で必ずそういうキャラクターをやってみたいです。


Q. 이범수와 임시완과 형제로 나왔는데요, 전혀 다르게 생긴 세 사람이 후반부에 가서는 묘하게 닮아있어 놀랐어요.
Q. イ・ボムスとイム・シワンと兄弟として出てきましたが、全く顔のタイプの違う3人が、後半では妙に似ていて驚きました。


김재중 : 정말요? 그런 이야기 처음 들어요. 아, 범수 형과는 눈이 비슷하다는 이야기는 한 번 들었어요. 시완이는 너무 잘 생겼고요. 이번에 시완이와는 정말 친해져서 형 동생처럼 지냈어요. 그래서 감정 신에서 더욱 슬펐어요. 실제 친 동생같은 아이와 대립하는 구도로 가다보니 너무 슬펐어요. (김재중은 말을 멈추더니, 갑자기 ‘아, 시완이 정말 좋아’라고 말했다)
キム・ジェジュン : 本当ですか? そんなこと初めて言われました。ああ、ボムスヒョンとは目が似てると一度言われたことがあります。
シワンはとてもイケメンで。今回シワンとは本当に仲良くなって、兄弟のように過ごしました。だから感情のシーンでより悲しかったです。実の弟のような子と対立する構図だったので悲しかったです。(ジェジュンは話すのを止めると、突然‘ああ、シワン本当に良いな’と言った)


Q. 아니, 무슨 연인사이 같아요!
Q. 何か恋人同士みたいです!


김재중 : 그러니까! 왜 나는 항상 남자배우들과 케미스트리가 생기는 걸까요? 작품을 통해 만나 연인이 된다는 것, 정말 부러워요! 으아~!
キム・ジェジュン : そうなんです!なんで僕はいつも男性俳優とケミストリーが生まれるのでしょうか? 作品を通して出会って恋人になるっていうの、本当に羨ましいです! うわ~!


Q. 백진희 씨가 있었잖아요.
Q. ペク・ジニさんがいたじゃないですか。


김재중 : 사랑이 아닌 사람을 얻었죠, 하하.
キム・ジェジュン : 愛ではなく、人(友人)を得ました、ハハ。


Q. 실제 사랑을 할 땐 어떤 사람이 되나요.
Q. 実際恋をするときはどんな人になりますか。


김재중 : 영달과 비슷해요. 밖에서 누구와 싸우기도 하고 갈등을 빚다가도 정희를 보면 수줍어했던 영달처럼 전 통 제 마음을 숨기질 못해요. 포커페이스가 아니죠.
キム・ジェジュン : ヨンダルと似ています。外で誰かと喧嘩して、いざこざを起こしても、ジョンヒを見ると恥ずかしがっていたヨンダルのように、僕は自分の気持ちを全く隠すことができないんです。ポーカーフェイスではありません。


170731_tenasia_3
김재중은 신이 난 표정을 감추지 못하며 JYJ멤버들과 환상적인 호흡을 이야기했다
キム・ジェジュンは楽しそうな表情を隠せずにJYJメンバー達ととびきりぴったりな呼吸を語った



Q. 참, 드라마 엔딩에 대해서는 어떻게 생각하나요.
Q. そうだ、ドラマのエンディングについてはどう思いますか。


김재중 : 그런데 말이죠. 실은 엔딩이 바뀐 거예요. 원래는 영달이 꿈을 이루지 못하고 공항에서 죽는 결말을 염두에 두고 작가님이 쓰고 계셨는데, 드라마가 연장이 되면서 배우들 스케줄 문제로 엔딩이 바뀌었죠. 시완이의 경우, 원래 스케줄이 잡혀 있었는데 연장 때문에 하루 더 촬영을 해야 했어요. 오연수 누나는 실제로 식구들과 미국을 갔고요. 저나 범수 형은 시간이 있어서 끝까지 찍게 되면서 제가 살아남게 된 거죠.
キム・ジェジュン : 実はエンディングが変わったんです。元々はヨンダルが夢を成し遂げられずに空港で死ぬ結末を念頭に置いて作家の方が書いていらしたんですが、ドラマが延長になって、俳優達のスケジュールの問題でエンディングが代わりました。シワンの場合、もともとスケジュールが決まっていたんですが、延長のせいでいもう一日撮影をしなければなりませんでした。オ・ヨンスヌナは実際に家族たちとアメリカに行きました。僕やボムスヒョンは時間があったので最後まで撮ることができて、僕が生き残ることになったんです。


Q. 으아, 영달이 죽었다면 연기하는 배우 입장에서는 어땠을까요.
Q. わあ、ヨンダルが死んでいたら演技する俳優の立場ではどうだったでしょうか。


김재중 : 더 좋았을 것 같아요. 그런데 시완이가 캐릭터를 표현하면서 어느 순간부터 작가님께 말씀드리고 절제를 했어요. 마지막 순간 삼형제가 진실을 알게 될 텐데 미리부터 표현할 것을 다 해버리고 말할 것도 다 말해버리면 안될 것 같아 저와 시완이 작가님과 의논을 했죠. 그렇게 절제된 연기로 이어가다가 갑자기 죽게 됐는데, 그때의 감정 표현을 보고 저도 굉장히 슬프더라고요. 시완이는 정말 잘 해요.
キム・ジェジュン : もっと良かったと思います。でもシワンがキャラクターを表現しながら、ある瞬間から作家の方に言って(表現を)節制したんです。最後の瞬間に三兄弟が真実を知ることになるはずなのに、最初からそれを表現してしまって、言うことも言ってしまったらダメだと思って、僕とシワンが作家の方と相談しました。それで抑えた演技で進めていたところで、突然死ぬことになるのですが、そのときの感情表現を見て、僕もすごく悲しかったんです。シワンは本当に上手です。


Q. 혹시 임시완 씨와는 전부터 알던 사이인가요.
Q. もしかしてイム・シワンさんと前から知っていた間柄だったんですか。


김재중 : 아뇨. 이번에 드라마하면서 친해졌어요. 그 전에는 몰랐죠. 시완이는 제가 가수 선배라며 신기해했고, 저도 시완이가 신기했어요. (Q. 네? 아니, 왜요?) 제가 방송에 잘 안나가다보니, TV에 나오는 사람들은 다 신기해요. 그런데 시완이 참 훌륭한 친구예요. 또 바로 작품 들어가더라고요. 연기에 대한 욕심이~!
キム・ジェジュン : いいえ。今回ドラマをしながら仲良くなりました。その前は知りませんでした。シワンは僕が歌手の先輩だと不思議がったし、僕もシワンが不思議でした。(Q. はい? いや、何故ですか?) 僕がテレビにあまり出ないので、TVに出てくる人達が皆不思議なんです。でもシワンは本当に素晴らしい子です。すぐに次の作品に入りました。演技への欲が~(すごい)!


Q. 작품을 통해 배운 것이 많은 만큼, 당장 또 다른 작품에 돌입하고 싶은 욕심이 생길 것 같은데요.
Q. 作品を通して学んだことが多いだけに、今すぐにまた違う作品に入りたい意欲が生まれそうですが。


김재중 : 그럼요, 또 해보고 싶어요. 신이 워낙 많았고, 주연이다 보니 보여줄 수 있는 것들도 많았죠. 많은 배우들과의 호흡 속에 여러 가지 상황들이 빚어졌고요. 할 수 있는 표현도 많았고, 자신 있는 표현도 어색한 표현도 많았는데 어쨌든 기회가 많았기에 칭찬도 많이 받을 수 있는 것이라 생각해요. 그리고 현장감이라는 스위치를 계속 온(ON)한 상태에서 또 작품에 들어가고 싶은 욕심이 있어요.
キム・ジェジュン : もちろん、またやってみたいです。何しろシーンが多かったし、主演だから見せるものも多かったです。たくさんの俳優と呼吸を合わせる中で、様々な状況が起こりました。できる表現も多かったし、自信のある表現もぎこちない表現も多かったけど、とにかくチャンスが多かったので、たくさん褒めてもらえたのだと思います。そして臨場感というスイッチをずっとONにした状態で、また作品に入りたいという意欲があります。


Q. 그렇지만 이제부터는 JYJ 앨범 활동에 집중해야하죠.
Q. ですがこれからはJYJのアルバム活動に集中しなければなりませんね。


김재중 : 맞아요. 그것도 좋아요. 우리의 라운드잖아요. (Q. 반응이 좋던데요) 그러니까요. 왜죠? 기분 좋아요. 경사 났어요. 아마 힘을 빼서 그런 듯도 하고요. 이번 앨범에서는 억지스러운 것들을 다 빼고자 했어요. 누군가가 멋진 수식어를 부여해주는 것은 모르겠지만 스스로는 그러지 말자 했죠. 이번 앨범을 보면 엄청나게 다양하거나 새롭기보다 멤버들이 하고 싶고 자연스럽게 만든 완성도 있는 곡들이에요.
キム・ジェジュン : そうなんです。それも嬉しいです。僕たちのラウンドじゃないですか。(Q. アルバムの反応が良いですが)そうなんです。どうしてでしょうか?気分が良いです。めでたいです。多分力を抜いたからだとも思います。今回のアルバムでは、無理することは全部止めようとしました。誰かが素敵な修飾語を付与してくれるかもしれませんが、自らはそうしないようにしようって。今回のアルバムを聴くと、すごく多様だったり、新しいというより、メンバー達がやりたくて、自然に作った、完成度の高い曲たちです。


Q. 참, 지금 동시간대에 박유천 씨의 인터뷰가 진행 중인데요. 이번 앨범을 ‘멤버들이 서로에게 준 선물’이라고 규정하셨더군요. 김재중 씨의 정의도 들어보고 싶어요.
Q. そうだ、今同じ時間でパク・ユチョンさんのインタビューが行われています。今回のアルバムを‘メンバー達がお互いに渡すプレゼント’だと定義したそうです。キム・ジェジュンさんの定義も聞いてみたいです。


김재중 : 유천이가 저한테 선물을 준 것 같아요. (일동 웃음) 그런데 이번에 정말 멤버들하고 작업을 같이 하면서 ‘어쩜, 이렇게 합이 잘 맞나’라는 생각을 했어요. 한 곡을 녹음할 때 제일 먼저 녹음한 멤버가 잘 해야 돼요. 저의 경우, ‘두시 반’이라는 곡을 제가 먼저 녹음했는데 톤을 바꿔서 바이브레이션을 빠르게 불렀죠. 그런데 나중에 유천이와 준수도 그렇게 하더라고요. 실은 유천이가 그런 스타일을 좋아하지 않은데 저한테 맞춰준 거예요. 기가 막혀요~! 쿵짝이 맞는 거죠. 제가 ‘쿵’하면 애들이 ‘짝’해주고. 하하.
キム・ジェジュン : ユチョンが僕にプレゼントをくれたみたいです。(一同笑)でも今回本当にメンバー達と作業を一緒にしながら、‘どうして、こんなに息が合うんだ’と思いました。一曲をレコーディングするとき、一番初めにレコーディングするメンバーが上手くやらなければなりません。僕の場合、‘午前2時半’という曲を先にレコーディングしたのですが、トーンを変えて、バイブレーションを速くして歌いました。でもその後ユチョンとジュンスもそうやったんです。実はユチョンはそういうスタイルが好きじゃないのに、僕に合わせてくれたんです。最高です~!息が合うんです。僕が‘ズン’てしたらあいつらが‘チャ’ってしてくれて。ハハ。


Q. 서로에 대한 배려가 느껴지네요.
Q. 互いへの配慮が感じられますね。


김재중 : 정말 이번에는 앨범 곡을 정할 때도, ‘내가 하고 싶은 것’ 보다 ‘나는 자신 없지만 준수와 유천이가 잘 할 것 같아’ 하는 곡들로 골랐어요. 저 뿐만 아니라 멤버들도요. 자기중심적인 셀렉이 아니라 JYJ가 하면 어떨까 하는 그림을 그리며 작업했죠.
キム・ジェジュン : 本当に今回はアルバムの曲を決めるときも、‘僕がやりたいこと’より‘僕は自信がないけどジュンスとユチョンが上手くやりそうだ’と思う曲を選びました。僕だけでなく、メンバー達もです。自己中心的なセレクトではなくJYJがやったらどうかというのを思い描きながら作業しました。


Q. 그런 환상의 짝꿍, 세 남자가 영화나 드라마 한 작품에 출연할 날도 올까요?
Q. そんな良きパートナー、3人の男が映画やドラマ1つの作品に出演する日も来るでしょうか?


김재중 : (눈을 동그랗게 뜨며) 언젠가는요! 언제가 될지 모르겠지만 할 것 같아요. 해보고 싶고요.
キム・ジェジュン : (目を丸く見開いて)いつかは! いつになるか分かりませんがやると思います。やってみたいです。


Q. 그런데 세분이 한 작품이 있죠. 바로 펜잘 광고.
Q. でも3人が出演した作品がありますよね。ペンザルの広告。


김재중 : 하하하하. 매출이 터졌음 됐죠.
キム・ジェジュン : ハハハハ。売上が伸びたんだからそれでいいでしょう。
(ペンザルQの広告は最悪の広告BEST5に選ばれた)


Q. 유머감각이 대단해요. 예능과도 잘 맞을 것 같아요.
Q. ユーモアセンスがすごいです。バラエティともよく合うと思います。


김재중 : 버라이어티 나가면 잘 터뜨릴 수 있어요. 로코도 하고 싶고요. 저 괜찮은 남자인데.
キム・ジェジュン : バラエティに出たら上手く笑わせられます。ラブコメディもやりたいです。僕結構良い男ですし。


Q. 어, 본인이 괜찮은 남자인 세 가지 이유를 말하는 걸로 인터뷰를 훈훈하게 마무리하죠.
Q. おお、自身が良い男である3つの理由を話して、インタビューを和やかに締めくくりましょう。


김재중 : 일단 이런 질문을 받았을 때 생각하고 말하는 것! 그리고 스킨십에 적극적인 남자, 끝으로 시간도 노력도 힘도 돈도 그 어떤 것도 사랑 앞에서 아끼지 않는 남자라는 것!
キム・ジェジュン : まず、こういう質問を受けたとき考えて話すこと! そしてスキンシップに積極的な男、最後に時間も努力も力もお金もどんなことも愛の前では惜しまない男だということ!



元記事はこちら→‘쾌남’ 김재중이 밝힌 “내가 괜찮은 남자인 세 가지 이유”(인터뷰)

◆リンクしていただくのはOKですが、コピペやキャプチャでの転載・引用はご遠慮お願いします◆

Sponsored Link

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まいうげ

Author:まいうげ
JJ fan♡
記事や映像を訳しています。
過去に訳したものは
順次こちらに移動中です。
好きなものを好きなだけ

Thank you♡

Sponsered